アブク銭入った?
SOHO主婦。WEBデザインとイラストで稼ぎ、あがりは家族にたかられています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
抗体が無い!
ショックでした。
無いってことが発覚したんです、私。

一昨日の夕方、診察終了間際に滑り込みで
妊婦(定期)検診に行ったわけですが、そこで
先生「先日の血液検査ね、結果は特に異常はないのですが、ただ・・」
私「ただ・・?(汗)」

先生「あなた、風疹の抗体が無いですね。20週まで、いやできれば25週までは
絶対に風疹にかからないで下さいね。出産終わったら予防接種したほうがいいですよ」
私「何ーーーっ!!(心の叫び)」

じゃあじゃあ、風疹にかかったらどうなるのどうなるの?
小心者の私は聞けませんでした、だって
「こんな時間に飛び込んできやがって。余計なこと一切質問するなよ。とっとと帰れ」
ってな雰囲気ムンムンの先生と看護婦さん達だもの(^ ^;)。
いつもは2時間待ちの診察も、この日は10分強。
最後の客(患者か)とあってか、私と娘を取り囲むように至れり尽くせり?な看護婦と事務方々。とにかく早かった。早かったけど高いよ7000円!

帰宅後、早速ネットで調べると
「妊娠初期に風疹にかかり中絶を受ける悲劇が毎年見られます。「白内障又は緑内」「先天性心疾患」「感音性難聴」「網膜症」「骨端発育障害」「低出生時体重」「血小板減少性紫斑病」「肝障害」などの症状があり、難聴は妊娠6ヶ月目までの感染でもおこります」
・・・目の前が真っ暗になりました (=_=)
当分、幼稚園や保育園、人混みには行かないぐらいしか予防策がない。

そうだと思い出して、慌てて上の子のときの検査結果表を見ると
なんと今回と全く同じ数値。上の子のときはそんな説明すら
なかったぞコラ! 知ってたら絶対予防接種してたのに!!!

ただでさえ季節の変わり目で体調崩れぎみなのに、
これで年内も精神的拘束が決定となりました。ぐすん (;_;)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。