アブク銭入った?
SOHO主婦。WEBデザインとイラストで稼ぎ、あがりは家族にたかられています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やさしい先生は何処へ
昨日、検診に行ってきた。

ここは個人病院だけど、院長以外にも
あちこちから派遣された医者が
日替わりメニューのように担当する病院。

昨日はやさしい女医の日。
この人なら性別も教えてくれるし、よく見てくれるから
混雑覚悟で行くと、何故かガラガラ。
いや~な予感がしたんだけど (-~-)
案の定、冷たい男性医に代わっていた。
コイツノヒナラ、ゼッタイ、コナカッタノニ・・。

でも一応聞いてみた
「先生、性別を見て頂けませんか?」
これでも丁重に尋ねたつもりだ。
だが、まだ言い終わる前に
「今は目的が違うから見ません」
と、力強くお断りされた。

そして先月に続き今回も、子供の大きさ、推定体重等
普通どこの病院でもやるべきことは、何も測ってもらえず
ただ「大きさは順調です」とだけ告げやがった。
なので超音波の診察も早い!計測しないから20秒も見ずに終わり、今回も検診料7000円。高~~~い!!!

おまけに、余計なものが悪化していた。

「卵巣脳腫が6センチに肥大しています。
この週数で水がひかないところをみると、
お産の時に産道を邪魔して赤ん坊が産めないので
手術で水を抜く必要が出てきますが、しばらく経過を見ましょう」

「ガーン (TロT#)]

先月は風疹の抗体がない、今月は卵巣脳腫。
毎月毎月、行く度に爆弾宣言をされると、心身ともに凹みます。

「手術の場合のバリエーションは?」
と尋ねると
「予定帝王切開で、子供と一緒に脳腫も取り出す、とか
「妊娠中に水だけ抜き取って、脳腫を潰す、とか
これからの状況によって色々です」って。
ふ~ん。(-_-) いずれにしてもいいことないね。

膿腫は今の大きさだと、日常生活の中で破裂やねじれが
起きる場合があって、その場合は緊急オペ。
もちろん開腹手術でしょう。
それって赤ちゃんはどうなるワケ???
今後の進行状況によるみたいだけど、
いずれにしてもそれなりの覚悟は必要そうだ。
 
気持ちの整理がつかないなあ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。