アブク銭入った?
SOHO主婦。WEBデザインとイラストで稼ぎ、あがりは家族にたかられています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気になる卵巣膿腫なんですが
明日の臨月を控え、院長直々の診察日を狙って
本日検診に行きました。

お~、さすが院長の日は混んでるわねえ (^ ^;)
雑誌3誌を臨月腹テーブルに乗せて読みふけ1時間半、
一向に呼ばれる気配もなく、疲れて眠る(-_-)zzz

「のん様のん様、中にお入り下さい」
やっとよばれた!さあ今日こそ、この病院の最高責任者に
私の卵巣膿腫を診てもらうぞ!
一体どうするんだ? 手術するのかしないのか?!

診察室に入ると、あれ?(^ ^;) 何やらただならぬ雰囲気が・・
「緊急オペ!看護婦一人上げるから、オペの準備!」
「はい先生!」
「時間ないから!それから●×■も大至急!」
「はい先生!」
ドドドドドド、バタバタバタバタ!
先生も看護婦も右往左往しています。
その合間に、私は腹を丸出しにして横に寝かされたまま
待つこと3分。やっときた先生、ちょちょっと触って
「順調です。だいぶ下がってますね、もういいですよ」
そんなあ、先生もっと診てよ・・・(;_+)

「あの~お忙しい中恐縮なんですが、私の卵巣膿腫6センチ、
かくかくしかじかの経緯なんですが、一体どうなるんですか?」
「あのね、たぶん萎縮してるから大丈夫」
涼しい顔で言われました。あのさあ院長!違うんだよ!
今までの先生も、超音波画像で誰もロクに見てくれてないの!
腹触っただけでどうやって判断するんだよ!普通わかんねーだろ!
・・・って言いたかったけどねえ。何も言えない雰囲気、
「それより、ちょっと太りすぎ。ダメですよ!」
母子手帳には
”減塩・低カロリー食”決定はんこを
バシッ!と押されちゃいました。ああっ~それはやめてえ!
これを押されると、入院中の食事が一般人と別メニューに
なっちゃうんだよねえ確か (>_<)
エビフライとビフテキ(夕食)→魚の塩焼き(夕食)とか。

ううっ、もう最後まで何の楽しみもない。
終わった・・終わったよ、私の妊娠・出産生活も。
心の中でガラガラと泣き崩れました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。