アブク銭入った?
SOHO主婦。WEBデザインとイラストで稼ぎ、あがりは家族にたかられています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏風邪フルコース中
激しい咳、嘔吐、下痢、9度の発熱3日目、
おまけに鼻水少々。
夜中も咳き込んだ勢いでそのまま布団に吐く。
一回それをやられたら、ショックでこっちはもう寝られません。
「ゴホッ」と言っただけで、一瞬でガバッと起き上がり
すかさず口元に洗面器をあてがいます。
おかげで、全然寝られないぞー!
激しい咳で赤ちゃんも起きちゃうしさあ。
何度も二人を寝かしつけているうちに
チチチチ、と夜明けの鳥の声。
誰かたしけて。とほほ。

そんな中、今週は仕事関係のボス来訪予定。
私が外出もままならないのを見かねて、
打ち合わせにきてくれると。おまけに銀座のケーキも一緒に。
さて心配なのは、この状況で果たして本当に打ち合わせができるのか・・それがとってもとっても心配なのです(- -;)

スポンサーサイト
やっぱり・・
上の娘が今週からずっと咳こんでいます。
のどが痛いらしく、かなり機嫌が悪い。
機嫌が悪いと暴力的になるのは、私ゆずりでしょうか?
こんな迷惑な行為はありませんね。反省
こうなると24時間密着保育になるので
私の時間はまるでありません。
トイレに入っているだけでも
「なんで?!トイレに入ってるのっ!!」
と難癖つけてきます。
あーあ、仕事も入ってきたんだけどなあ~

一昨日は吐いたので、診察に行ったら夏風邪。
そして昨夜より発熱・・・これってプール熱じゃ??
すみませんが、週末の予定はすべてキャンセルで。
(誰に言ってる?)すんごいがっかり・・・

といっているそばから起きてきたので
殴られないうちに奉公、いや看病してきます。
ではまた。
満喫しましたかー?
皆様、夏休みは満喫しましたかー?
(またはまだ夏休みしてますかー?)
我が家は一家を背負う大黒様が一週間の休暇を終えて、
今朝からまた戦場に向かいました。
やれやれ、妻はなんだかホッとします(ペロリ)

そういえば、先日桃狩りをしてきました。
(@山梨県)中央道をぶっ飛ばすこと3時間、
一帯は桃とデラウェアの最盛期。
めぼしい農園を車で物色していると


「桃とぶどう狩り、園内食べ放題!」(40分間)


ののぼりが目に入り、素敵なウッドデッキで
桃をほおばっているお客もいたので、そこに決めました。

大学生とおぼしき清潔感溢れる田舎の兄ちゃんに
桃の木まで案内されます。
「このあたりの木はすべて熟しており
今が食べ頃です。桃は一個400円ですので、
大きくて熟している桃を是非探してください
ねっニカッ!(白い歯)」

そういっているそばから、3才の娘は桃をもぎとろうと
木をゆさぶって暴れています。
もちろん狩った桃はすべてお買い上げ、
なのでやたらに取ってはいけません。
どのくらいとろうかなーなんて頭でそろばん勘定を
していると、横で娘が枝葉に激突しまくり、熟れた
桃がボトボトと一気に落ちていきます。

うわっと!一個400円!(TロT)

それを見ていた夫が、隠すようにして
すかさず落ちた桃を遠くへ放り投げます。
えーっ!!(TロT)それは道徳的にどうかな?

ま、そのように納得のいく桃だけを取って、
しこたま持ち帰りました。
がしかし・・・一泊して帰宅して、いざ食べようと
した頃にはけっこう傷んでいたり(熟しすぎ)
結果としてどうなのよ?っていう桃狩りでした。
手伝ってくれなくてよし!
昨日のこと。

幼稚園の午前保育からバスで帰宅する娘を迎えに、赤ん坊をバギーに乗せて指定場所で待つこと数分。
向こうから、例のご婦人がやってきた。

いつも出くわすこのご婦人、ご近所の知らない人で推定40後半。
ぼっさぼさの髪、小太りに眼鏡、だらしない格好で、買い物帰りなのかズルズルとカートを引いて歩く。

私がいつも赤ん坊を連れていると、挨拶も何もなしに寄ってきては「私ね赤ちゃん好きなのよ~」と言って、赤ん坊を触りまくる。そしていつまでも立ち去らない。
気味が悪いから、防衛手段としてこちらが
「こんにちは」「失礼します」「ごめんください」などと
はっきり挨拶をしても絶対に返事を返さない。
挨拶もロクに無しで近づく大人なんて、
はっきりいって感じ悪いし、ていうより気味悪い。
私としての印象は極めてよくありません。

昨日は、バスから降りた娘がいきなりおもらしをしてしまい、目の前の公園で服を着替えさせたり、こちらが対処に苦労していると、、、あれっ???
そのご婦人、バギーに乗っていた赤ん坊を勝手に抱いて、
勝手にあやして、こちらに見せている。
瞬間、背筋にゾ~~ッと冷たいものが走りました。
「ゴルァーッ、何しとんじゃ!名前も知らない人間が勝手に我が子に触れるなーーっ!返せーっボケッ!!!」
私は顔面蒼白、髪の毛逆立てながら、上の娘なんてパンツ丸出しのまま放置して、慌ててベビーを取り返しに。
「すみませーーん、ここに置いておいてください!!
いいんです泣いても構わないのでっ!!!!」
むんずと引き剥がして、バギーとともに上の娘のもとに戻るが、ご婦人はまだいる。我々と一緒に帰るつもり。

なんだか、こういう発想をする自分も嫌なんですが
やっぱり現代社会においては、素性の分からない人に
子供を可愛がってもらうとかなんとか
そういうコミュニケーションは難しいと思います。
だって、隣人が我が子を殺す時代でしょ。
家を出たら玄関の前で大人につき落とされる時代でしょ。
我が赤ん坊も、抱っこしてそのままコンクリートに
たたきつけられたらおしまいじゃないですか。
そんなこと1秒でできるわけですし。

考えすぎかもしれませんが、こう毎日悲惨な報道が多いと
そういうことまで安易に想像してしまうんです。
育てにくい世の中だと思います。少子化にもなるわけだよなーまったく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。