アブク銭入った?
SOHO主婦。WEBデザインとイラストで稼ぎ、あがりは家族にたかられています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とうとう娘を里子に出しました
ってネコの話。
行き先は、目の前のマンションに越してきた爺様邸。
別名「私の別宅」ともいいます。

ネコ移住については前々からの計画で
先週末にやっと動物病院で健康診断を済ませ
体をよーく綺麗にしてやり
かごに入れてそれは夜中に決行。

夫→猫と猫トイレを梱包して搬送
私→えさ一式を手荷物で
娘→猫のベットをたたんで手荷物で

しとしと雨の降る中、怪しい家族3人が濡れながら
信号を渡りマンションへ。こらっ!鳴くな猫!
爺様邸は分譲ですが、管理規約でペットが禁止なので
騒がれたら非常に困るんです。

ようやく着いて、かごから解放。
猫は歩伏前進をしながら、一目散に和室へ走り去る。
予想どおり押し入れから出てきませんね。奥で悲しそうに
ミャーミャーと鳴いています。悲壮感漂ってるなあ。

翌朝メールで爺様に尋ねると、夜中に糞と飯をして
食卓の椅子の上でじーっとしていたらしい。
まあ御飯とトイレができたなら、一応は安心かな?
午後に私が顔を出すと、猫が走り寄ってきて
ニャーニャーと懸命に頭をこすりつけてくる。
ううっ、なんて可愛いヤツめ!
一瞬、このけなげな姿に連れて帰ろうかとグラッときましたが
ダメダメ (^ ^;) どのみち赤ん坊が産まれたら
もっとナーバスになって激ヤセしちゃうからね。
意外とデリケートなんです、この猫。

新しい住み家は3階だから(我が家は1階)
庭にも出られず、つまりもう一生外には出られず、
机の上でむなしそうに、ただ窓の外を眺める
愛猫なのでありました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://non1835.blog11.fc2.com/tb.php/102-ca6e6ff0
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。