アブク銭入った?
SOHO主婦。WEBデザインとイラストで稼ぎ、あがりは家族にたかられています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お産話・その一
先日の出産で入院したときのこと。
せっかくの入院ライフだから、先述どおり
一番いい部屋を確保しました。
新館個室でバス・トイレつき、ヤッタ!
お値段は、、そんなことは知りません(-_-)
こんな時ぐらいは少々贅沢させてもらいます。

悶絶の出産劇も終わり、
夜中にルンルンでシャワーを浴びていると
看護婦がものすごい形相ですっとんで来ました。

「ドンドンドン!!ちょっと何やってるんですかっ!!」
慌ててバスルームから顔だけ出すと
「9時が消灯ですよ!隣から苦情が来てますっ!」
「えっ?個室は24時間いいんじゃないんですか?」
「駄目に決まってるでしょ!!
皆さん寝ているんです!まったくもうっ!」
「・・・スミマセン」

後でナースステーションに侘びに行くと、
「あなたがねー」と、当直のナース中に話は知れ渡っていた。
「隣の個室の方がものすごいお怒りですから」
「すみません、朝謝っておきます」
次の朝、隣人には謝ってホッと部屋で一息。
やれやれ(^ ^;) つまらねーなやっぱり病室は。

個室生活を思い切り満喫するべく、今回は自宅から
スピーカーとiリバーで好きな音楽を流し、
持参した電気ポットでコーヒーをたてて
一人フーフーして飲む(入院中は熱い飲み物が出ない)
と、そこに向かいの部屋の患者さん(友達になった)が
トントン
「あー!ヤッパリここの部屋でコーヒー入れてるんだー
廊下中いい匂いが漂ってるよ」
「まーまーまー、ちょっと入って」
一緒に一杯やっていたら、そこに今度は
掃除のおばさんが登場。
「朝から喫茶店かい?優雅だねえ」
「まーまーまー、おばさんもいかがですか?」
「いえ、仕事中なのでけっこうです」
「・・・ですよね(^^;)」

後で採血に行ったナースステーションでまた
「あなた、わざわざポットまで持参して
コーヒー入れてるんだって?くけけけ!音楽も聴いて
あそこは特別室ね。よかったわね快適な入院生活で」
「・・・はい・・おかげさまで、とっても」
確かに、もっと入院していたかったけどなー。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://non1835.blog11.fc2.com/tb.php/113-691c8674
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。