アブク銭入った?
SOHO主婦。WEBデザインとイラストで稼ぎ、あがりは家族にたかられています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手伝ってくれなくてよし!
昨日のこと。

幼稚園の午前保育からバスで帰宅する娘を迎えに、赤ん坊をバギーに乗せて指定場所で待つこと数分。
向こうから、例のご婦人がやってきた。

いつも出くわすこのご婦人、ご近所の知らない人で推定40後半。
ぼっさぼさの髪、小太りに眼鏡、だらしない格好で、買い物帰りなのかズルズルとカートを引いて歩く。

私がいつも赤ん坊を連れていると、挨拶も何もなしに寄ってきては「私ね赤ちゃん好きなのよ~」と言って、赤ん坊を触りまくる。そしていつまでも立ち去らない。
気味が悪いから、防衛手段としてこちらが
「こんにちは」「失礼します」「ごめんください」などと
はっきり挨拶をしても絶対に返事を返さない。
挨拶もロクに無しで近づく大人なんて、
はっきりいって感じ悪いし、ていうより気味悪い。
私としての印象は極めてよくありません。

昨日は、バスから降りた娘がいきなりおもらしをしてしまい、目の前の公園で服を着替えさせたり、こちらが対処に苦労していると、、、あれっ???
そのご婦人、バギーに乗っていた赤ん坊を勝手に抱いて、
勝手にあやして、こちらに見せている。
瞬間、背筋にゾ~~ッと冷たいものが走りました。
「ゴルァーッ、何しとんじゃ!名前も知らない人間が勝手に我が子に触れるなーーっ!返せーっボケッ!!!」
私は顔面蒼白、髪の毛逆立てながら、上の娘なんてパンツ丸出しのまま放置して、慌ててベビーを取り返しに。
「すみませーーん、ここに置いておいてください!!
いいんです泣いても構わないのでっ!!!!」
むんずと引き剥がして、バギーとともに上の娘のもとに戻るが、ご婦人はまだいる。我々と一緒に帰るつもり。

なんだか、こういう発想をする自分も嫌なんですが
やっぱり現代社会においては、素性の分からない人に
子供を可愛がってもらうとかなんとか
そういうコミュニケーションは難しいと思います。
だって、隣人が我が子を殺す時代でしょ。
家を出たら玄関の前で大人につき落とされる時代でしょ。
我が赤ん坊も、抱っこしてそのままコンクリートに
たたきつけられたらおしまいじゃないですか。
そんなこと1秒でできるわけですし。

考えすぎかもしれませんが、こう毎日悲惨な報道が多いと
そういうことまで安易に想像してしまうんです。
育てにくい世の中だと思います。少子化にもなるわけだよなーまったく。
シナプスガ、ツナガッタ?
「しる(する)、しない、でる、でない」
ここ何か月もトイレに座ったり座らなかったり
ダラダラと続けていた長女のトイレトレーニングが
ついにできた。

「おしっこ、出るからね」と宣言して
トイレに座り、しばし神妙な顔をする長女。
どうせまたいつもの”出ない”でしょ?

しかし、しばし待つとチョロチョロと出た。
「えっ?汗? それともトイレの水がまた漏れた?」
するともう一度
「ママ、まだ出るよ」
そして再度、神妙な顔。
するとまた、チョロっと出てくる。

おおっ!これは完全に脳がコントロールしているではないか!
いや~実に感動!感動して涙が出たましたよ。
保健所と幼稚園の尿検査を2回もできずに
かなり恥ずかしい思いをしたばかりなのに。
あと1週間早かったらなあ~。まあでもいいか!
これはすごいことなんだから
やっと人間になったなチミも。う~んヒデキ感激。

私の涙ポロポロの姿を見て娘は
「ママ、泣いちゃだめよ~よしよし」
なんて抱きしめて頭をなでてくれました。
ん?なんか違うぞ?逆だろ普通。

しかし味をしめた娘、今度は1時間おきに
「トイレ、しる~(する~)!」
ってうるさいうるさい
特に下の赤ん坊に授乳するときに限って呼びつける。
これは・・・もしや嫉妬?おぬしも知能犯やのう





どうしてそうなの?
最近はたいした仕事もなく穏やかな日々(-_-)
来月の予約も埋まりつつあるので、
楽をするのも今のうち。

さて赤ん坊も2か月を過ぎ、バギーで紐で
せっせと外出できるようになりました。
先日はお友達とわいわいランチバイキングへ。
楽しかった~!
でもって、ベビーとお出かけが始まると必ず
あるパターンにはまります。
電車・バスに乗る→ご婦人につかまる→
別れるまでずっと話し込まれる

座ったとたんに、熱~い視線を感じます
むろん私じゃなくベビに。会話はこう
「あら~かわいい、何か月?」
「2か月です」
「あらま~!男のこちゃん?」
「女です(ムッ。ピンク着てるだろ)」
「あらま~、オッパイ?」
「ええ(・・きたきた)」
「オッパイはいいわよー。私の頃は大変で
×■◎!~!▲!~」
以下延々と子育て武勇伝、オッパイ神話が始まる。
「・・・・(^ ^;)ゆっくりしたいのに」
そのうちに、いじられたベビが泣き出すと
「あら、この口!オッパイの時間ね、どうぞやって」
「いやちょっと‥(電車の中でやれるか)」

同様のできごとが、上の娘を遊ばせる公園でも
繰り広げられ、しぶしぶ青空の下でオッパイを
あげはじめると、ご婦人たちは満足げに
「いやー懐かしいわ~」と遠い目。
オバサマたちはどうして皆、授乳シーンを見たがる
のでしょう?私の乳は公共の癒しグッズじゃないん
だけど。見るなら拝観料くれ。
ちっちゃいくせに・・・
母似でバリバリ夜型。
またまた昼夜逆転しました@赤ちゃん

夜中は絶好調で営業中、
明け方に夜明けのう○ちを
お出しになってから眠りにつきます。
今朝も今からうとうと・・・。
今から寝るなよ~(泣)仕事できねえーー!!
お宮参りの主役は誰?
こどもの日に、赤ちゃんのお宮参りに行って来ました。
これでやっと一区切りついた感じ。

上の娘も着物を着て髪を結んで。美容室では
「かわいくなった」と自画自賛、3才児にして
すでに女心がありですか(^ ^;) おかあちゃんビックリ。
しかしやはり3才児
すぐに「着物が重い、ぞうりが痛い」とぐずり出し、
神社では暴れまくり、
敷石の上にふてくされて転倒、大号泣。
涙と鼻水と泥で、着物は汚れ髪も乱れ、
このまま捨てて帰ろうかと思いました。

miya.jpg


先に写真を撮っておいてよかった~
赤ちゃんはいたって静かなんだけど。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。